HubPLACE

苗が配られる通り

いま住んでるところは、松野町の中の「松丸地区」というエリアなのですが、地区の中に「組」があり、さらにそこから「通り」毎にも緩やかな連携があって…

という具合に、昔から綿々と続いてる繋がりの中に入れさせてもらってます。

区毎に不思議とキャラクター感があり、昔のクラスメイトを思い出したりして楽しいです。
「多分あいつっぽい感じだー」みたいな。


で、
松丸地区の我が家の通り周辺では、年二回「花の苗」がどっさり用意され、それぞれ好きなものを持って帰り、家の前の担当鉢に植えるカルチャーがあります。

我が家にやってきた花たち

シンプルだけど、やってみるとこれがとても良いです。
単純に景色が華やぐのはもちろんなんですが、公共空間に「地域で世話する対象」がいるっていうのがいいのかもです。

晴れた日には、水の入ったじょうろを持って、水やり散歩をしてるおばあちゃんが見れます。

お花屋に様変わり

水やり中のあの、話しかけやすさ、話しかけられやすいさ、なんなんでしょう?

アイスクリーム屋に進化

我が家の松野町行きが決定したのは、コロナが表面化する前で、来た時にはちょうどその真っ只中というタイミングでした。

これまでは、祭りをはじめ様々な年中行事がびっしりあったようですが、去年からは軒並み中止。

組ごとにあった呑み会までも、いまはなくなっています。

10年以上続いているこの「駅前通り花いっぱい運動」も、

去年からは別の強い意味も持ち始めたように、勝手ながら感じています。

客をナンパ

松丸駅を降りて、正面の目抜き通り。

状況にめげる事なく、小さな文化に連携の精神を圧縮し、いつかの「その時」にまで継なぐ花壇。

そんなバトンリレーな景色が見れます。

松野町散策の入口の道として、ぜひ!

早めに店じまい、デートへ

記事をクリップ

追加するグループを選択してください。

登録
キャンセル
ログインしてください
閉じる