HubPLACE

40㌔まぐろをさばくJK

先日の日曜日午前、松野町に40キロオーバー大マグロと一緒に現れた女子高生達が、華麗な解体を披露して帰っていきました。

松野町で各月開催されている、生活密着型イベント「軽トラ市」の様子です。

当日早朝。地域の農家さんや事業者さんたちが、自慢の品を軽トラに積んで駅前広場に集結します。

都会にまでなかなかたどり着かない、ザ・地産地消のアイテムの数々。

商工会の福引やイベントなども用意されていて、地元の方々で大いに盛り上がります。

そしてなにより、今回の目玉「40キロオーバーの本マグロの解体ショー」

さばくのはなんと現役女子高校生。しかし侮るなかれな、立ち居振る舞い。

彼女(達)は、松野町のお隣、宇和島市の水産高校の生徒さん。

さばかれているまぐろの背骨と大差ない細い腕が、目を見張る手際で解体していきます。

さばかれたマグロはその場で素早くカット、部位ごとにパッキンされて、ギャラリーのまえにドシドシ並んでいきます。

ちょっと辺りを歩いて戻ってきたら、既にほとんど完売。

残った「カマ」の競りが始まっていました。

「ならでは」が詰まった市場

スタッフとしては初めての参加だった「軽トラ市」でしたが、

小さいながらも中身は濃厚、近距離、熱気あり。


地域に愛され今後も続いていくこと間違いなしと感じる市場でした。

各月開催なので、松野町をよりディープに感じたいという方は是非。狙い撃ちしてお越しください。

記事をクリップ

追加するグループを選択してください。

登録
キャンセル
ログインしてください
閉じる